脚やせ&むくみを取りたい!!

と思っている方以外は購入されないでください。

『楽してモデル脚を手に入れたい』

そんな女性に履いて欲しい!!

 

→ 詳しくはこちらから!! ←

あなたは仮想通貨とは何かという問いに対して、明確な回答ができるでしょうか。

一言で言えば、硬貨や紙幣などの手に取ることができる貨幣が一般の通貨であり、電子データとして

コンピューター上にだけ存在しているのが仮想通貨です。

もちろん、それには理由があります。

貨幣や硬貨を発行するためには国が運営する造幣局がなければなりません。

つまり、しっかりと安定した国だけが通貨を発行することができるのです。 それでは仮想通貨は

ある企業が思い付きで適当に作ったのでしょうか。

始まりは確かに思い付きだったかもしれません。 しかし、多くの人が利用するようになり、

世界中から信頼を得ることができています。

すでに立派な通貨として流通しているケースも少なくありません。 仮想通貨が流通するためには、

何かのきっかけがなければなりません。 大企業がバックアップすることが一番確実でしょう。

その企業を信頼している人は出所が同じ仮想通貨も信用することになります。 もう一つ重要なことは、

その仮想通貨を利用するメリットがあることでしょう。 メリットがなければ誰も利用しません。

一番大きなメリットは国境に関係しないことでしょう。 為替交換の差額がありません。

ユーロがヨーロッパ圏内で共通化されているのと同じことです。

もちろん、どこの国も仮想通貨に責任を持ちません。 すべては取引を行っている当事者間の問題だからです。

仮想通貨を扱っている企業が倒産して紙くず同然になったとしても何の保証もないのです。

 

仮想通貨の取引

仮想通貨の取引について考えてみましょう。

まずは仮想通貨が一般の通貨とどのように違うかを明らかにしなければなりません。

簡単に言えば、一般の通貨とは特定の国が発行しているものであり、それは国の信頼度によって変動します。 クーデーターなどで国が崩壊してしまうと通貨の価値はゼロになってしまう可能性もあります。

これに対して仮想通貨は国が発行しているわけではなく、企業や団体が発行しているものです。

多くの人がクレジットカードなどのポイントを貯めていると思いますが、広い意味で言えば、

それも一つの仮想通貨と考えることができます。 そのポイントを別のモノと交換できるからです。

現代の経済は物々交換から貨幣による交換へと移行しました。 多くの人がその価値を認めれば、

どんなものでも貨幣と見なすことができます。

インターネット上だけに存在する電子データであっても、売買をすることが可能です。

これが仮想通貨の実体です。 貨幣としての物理的な形がないのです。 このような状況が生まれたのは

インターネットに代表される電子通信が一般的になったことが関係していることは明らかでしょう。

貨幣の実体がなくても経済的な取引は可能です。 多くの人が行っているFXなどは典型的です。

実際には誰の貨幣がどこにあるのかもわかりませんが、売買は成立しており最終的には口座間をお金が

移動するのです。 この仕組みを歓迎している人が少なくありませんから、これからも仮想通貨による取引は活発になることはあっても亡くなることはありません。

 

注目の仮想通貨

一番ポピュラーな仮想通貨はビットコインでしょうか。

ただ、すでに後継の仮想通貨が多数登場して、ビットコインのメリットはそのまま、デメリットを改善

することで注目を集めようとしています。

もちろん、企業が発行する仮想通貨ですから、どれだけ他社に差をつけることができるかが企業として

の価値につながります。 現在注目されている仮想通貨としてはビットコインの他にアルトコインが

あります。 本質的な部分は変わりませんが、国際送金のスピードや手順が簡略化されています。

現在でも新しい仮想通貨は登場しており、それらの多くは投資目的のイメージが強くなっています。

国際貿易のための通貨と言う意味であれば、ドルやユーロで十分だからです。 また、最近は仮想通貨間

の交換も普通に行われるようになってきました。

仮想通貨の相場を見て、タイミングよく交換できれば、それだけで利益を得ることができるのです。

いずれにしても仮想通貨を売買している人の多くは、商業取引のための売買ではなく為替の取引だけを

考えています。 そのことが仮想通貨の流通に拍車をかけていることは間違いありません。

ところで、投資の初心者が仮想通貨に手を出すことはおすすめできません。

注目の仮想通貨は便利なのかもしれませんが、それは投資家から見て便利なだけと言うケースが少なく

ありません。 自分の目的を明確にすることで、どの通貨を購入すべきかが見えてきます。

それさえ見えないのであれば、為替取引の基本から勉強しましょう。

仮想通貨のリスク

為替取引に限らず、元金が保証されない取引はたくさんあります。

その中でもリスクが高いと考えられているのが、仮想通貨の売買です。 その理由は通貨の変動に対する

保証をしてくれるのは発行している企業だけだからです。

一般の通貨についてはそれぞれの国の政府が保証することになっています。

もちろん、クーデターで政府自体がなくなってしまうような状況になれば別ですが、現在の世界情勢で

それはあり得ません。

つまり、通貨は半永久的に使用できると考えられます。 仮想通貨は企業が発行していますから、

企業の倒産によって同じ状況となります。

ここで考えなければならないのは国と企業のどちらが信頼できるかと言うことです。

企業と言っても小さな企業ではなく、世界中に支店を持った大企業です。

小さな国の政府よりも資金を持っていることでしょう。

それならば十分信頼できると考える人が少なくありません。 そのために仮想通貨が世界中で利用される

ことになります。 ある程度世界で利用者が増えたならば、その後は発行している企業と無関係な相場に

なっていきます。 証券会社が売買を行うからです。 通常の通貨と何ら変わることのない地位を

手に入れることになるのです。 現代はインターネットでの取引が主流となっており、そのスピードは昔と

比べると桁違いです。

そのスピードはさらに加速されていますから、仮想通貨の出番はもっと増えていくことでしょう。

リスクを考えるよりも売買で利益を上げることだけを考えてもいいのです。

 

まとめ

仮想通貨について今回お伝えしました。今流行ってる仮想通貨を今更知らないなんて言えない方はぜひ

今回のまとめを確認して見てください。

 

芸能、お役立ち、季節の情報など

あらゆる情報の最新情報をお届けします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 友だち追加