このようなお知らせになり大変申し訳ございませんが、
エベレストで下山途中の栗城が遺体となり発見されました。

 

下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、
暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことから
キャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、
先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました。
引用:https://lineblog.me/kuriki/
こんな知らせが届いたのは、2018年5月21日の午後のことです。
私は、この栗城 史多さんという登山家のかたを知りませんでした。
エベレスト登頂に挑戦していることももちろん知りませんでした。
普通の登山家の方なら、きっとそれで私の印象は終わりだったと思うんですが、栗城 史多さんは違います。
栗城 史多さんは、指がない登山家なんです。
指がないってどういうことか?調べてみました!

スポンサーリンク




栗城 史多さんプロフィール


生年月日:1982年6月9日

出身:北海道瀬棚郡今金町

死没:2018年5月21日(35歳没)

出身校:札幌国際大学

肩書き:株式会社たお代表取締役

職業:登山家

来歴

「冒険の共有」をテーマに全国で講演活動を行いながら、年に1、2回ヒマラヤ地域で高所登山を行っている。

エベレストには単独無酸素登頂と頂上からのインターネット生中継を目指し、2009年9月チベット側、2010年9月ネパール側から挑んだが、8,000mに達することが出来ず敗退。

2011年8〜10月に前年と同じネパール側から3度目の挑戦をしたがサウスコル7900mに達せず敗退。2012年10月に西稜ルートから4度目の挑戦も強風により敗退。

この時に受傷した凍傷により、のちに両手の指9本を切断。2015年の5度目、2016年6度目、2017年7度目のエベレスト登山も敗退した。

スポンサーリンク



栗城史多さんの指再生の画像は?

引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp/girokerogirokero/imgs/e/9/e90d88c4.jpg

この画像は凍傷した時の画像になります。かなり痛そうですね・・

私はこの写真を見て思ったことがあります。それは、何故?指先だけなのか??

引用:https://entert.jyuusya-yoshiko.com/kuri-yubisai/

そうです。指先が開いてる手袋をしているんです。

登山の生中継などをしていた栗城 史多さん。なので、指先がよく使えるように手袋を開けているんです。

それが原因で指先だけが凍傷してしまったということ!!

スポンサーリンク



指は再生した?


これは2017年の画像です。

指再生はしなかったようです。。

今日の深掘りポイント

今日は、 栗城 史多さんの訃報をお聞きして、調べていきました。

その中で「指」について興味があったので調べました。

凍傷という衝撃的な事故を目の当たりにするのは初めてなので、私の中ではかなり勉強になりました。

私は登山するわけでもないですが、登山はこういった事故もあるんですね。

心よりご冥福をお祈りします。

 

スポンサーリンク




芸能、お役立ち、季節の情報など

あらゆる情報の最新情報をお届けします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 友だち追加