テレビ番組を見ると、必ずと言っていいほどお笑い芸人が出てますね。

バラエティはもちろん、ドラマや脚本といった内容でかなり多方面で活躍される方もいっぱいいらっしゃいます。

そんな中でネクストブレイクする芸人さんは誰なのか?みんなが好きな芸人さんは誰なのか?少し調べてみました。

 

和牛

和牛(わぎゅう)は日本のお笑いコンビ、漫才師。2006年結成。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。「第44回NHK上方漫才コンテスト」優勝、「M-1グランプリ2016、2017」2年連続準優勝。よしもと内で最もライブのチケットが取りにくい芸人と言われており、新生M-1のキーパーソンとして世間から注目を浴びている。共に大阪NSC26期生出身。

 

水田 信二

愛媛県伊予市出身。ボケ担当。立ち位置は向かって左。血液型O型、身長168cm、体重70kg。愛媛県立伊予高等学校卒業、神戸国際調理師専門学校(現:神戸国際調理製菓専門学校)卒業。調理師免許取得後、大阪の和食店・神戸の有名洋食店で計7年間修行した経験を持つ元料理人で、創作料理も作れることから料理芸人としても活動。趣味は料理、フットサル、家電量販店巡り、音楽鑑賞、ドラマ鑑賞、食べ歩き。

川西 賢志郎

大阪府東大阪市出身。ツッコミ担当。立ち位置は向かって右。血液型O型、身長170cm、体重59kg。大阪府立清水谷高等学校卒業、龍谷大学中退。高校はラグビー部、大学はラグビーサークルに所属。高校時代のポジションはスタンドオフ。締めのツッコミ「もうええわ」が特徴的であり、評判が高い酒を好む。趣味は釣り。

 

 

とろサーモン

とろサーモンは吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ。2002年7月結成。キャッチフレーズは「おいしいとこどり定食」。 2017年M-1グランプリ王者。2人とも宮崎県出身。

 

久保田 かずのぶ

  • ボケ担当。立ち位置は向かって右。
本名は久保田 和靖(読み同じ)。
宮崎県宮崎市(旧:宮崎郡清武町)出身。血液型はO型。身長175cm。
宮崎日本大学高等学校卒業。眼鏡をかけた小太り。
高校時代の同級生と結婚していたが、後に離婚している。この事は出演したバラエティ番組などで時折ネタにしている。
小学校の少年野球団では肩が弱いためファーストを守っていたが、当時からファーストミットより顔がデカかった。
中高の6年間、ソフトテニス部に在籍。高校3年のときにはインターハイに出場[1]。NEWS RAP JAPANで、インターハイのベスト8まで進出したと話していたが、番組の調査により、この発言は虚偽で、実際はベスト64止まりだったことが判明した。
大阪NSC22期生。村田と一緒にNSCを受験したが不合格となり、一年間働きながら浪人している。
2007年、『マンスリーよしもと』の吉本ブサイクランキングで第5位(2008年は第4位)。
ケンドーコバヤシは「芸人としては100点、人間としては0点」と評している[1]
極度の高所恐怖症。番組の企画でバンジージャンプを飛ぶことになった際は、顔面蒼白となり最終的には土下座で頼み込み、大地洋輔(ダイノジ)に代わってもらった。
MCサーモン名義でラッパーとしても活動している。

村田 秀亮

  • ツッコミ担当。立ち位置は向かって左。
宮崎県宮崎市出身。血液型はAB型。身長178cm。
宮崎日本大学高等学校卒業。宮崎県生まれで8歳のときに徳島県北島町へ。14歳のときに宮崎に戻る。
結婚歴は無く、2018年現在独身である。
左利き。大阪NSC21期生。NSC時代に吉本興業の経営するパチンコ店にてアルバイトに精を出す。
2007年、『マンスリーよしもと』の吉本男前ランキング第13位(2008年は第14位)。
父親は元々陳建民(陳建一の父)の弟子で、若かりしころは料理番組まで出演するほどの料理の腕前で、一目をおかれる存在だったが、紆余曲折があり現在は宮崎の山奥で木こりをやっているという。村田はそんな父親を誰よりも尊敬しているという。なお、村田は2017年にM-1で決勝に行けなければ芸人を引退して宮崎に帰り、父親の仕事を継ぐつもりであった事を明かしている。
『あらびき団』(TBS)に不定期で出演している。この番組にピン芸で出演するコンビ芸人は数多いが、彼の場合はマジックや演舞などの他人の見事な芸(あらびきではない芸)にナレーションを加える(技を披露する演者があらかじめ用意した音楽を消し、全く別の、村田用のBGMとともに勝手に加える)というもので、司会の東野幸治と藤井隆からツッコまれるところまでが恒例のネタとなっている。その独特のナレーションを生かしてSEGAの恐竜キングのCMの声を担当。その後もナレーションの仕事を多く担当しており、自宅にナレーション用のキットがある。

 

まとめ

個人的には、和牛の方がテクニックがある気がします。

最近の漫才の傾向として、一人はキャラはゲスっぽいというか、ひねくれている?キャラがいて、ツッコミがつっこむと言ったスタイルが主流なのかと思います。

和牛、とろサーモン、ウーマンラッシュアワー等

今後もこの両コンビのネタに期待してます。

では、また。