個性派女優の佐藤仁美さんは名脇役で数々の作品にでていますね。

そんな佐藤仁美さんに熱愛や結婚について調べて見ました。

 

スポンサーリンク




プロフィール

佐藤 仁美(さとう ひとみ、1979年10月10日 – )は、日本の女優。愛知県春日井市生まれ。ホリプロ所属。堀越高等学校卒業。

 

略歴

  • 4人姉妹の末っ子。小学生のとき両親が離婚し、父親に引き取られ、8歳上の長姉を母親代わりに育ったが、父親は愛知県内で新聞販売店の経営をしており転勤が多く、小学校だけで4校に通ったという。「小学生の頃から、しっかりキャラ」だったという。
  • 中学生の時、NHK名古屋放送局制作『中学生日記』に生徒役(役名本名同一)で出演、これが役者としての原点となる。当時、学校では演劇部の部長だった。
  • 1995年、愛知女子高等学校在学中に第20回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞。同年『海がきこえる』でテレビドラマ初出演。ちなみにこの時の特別賞は新山千春である。その後、堀越高校へ転入。
  • 1996年、ドラマ『イグアナの娘』で主人公の青島リカの親友・三上伸子役を演じ注目を集める。愛知銀行のイメージガールに起用される。
  • 1997年、原田眞人監督の映画『バウンス ko GALS』で主演、同年のブルーリボン賞の新人賞[4]、キネマ旬報新人女優賞、翌年のヨコハマ映画祭の最優秀新人賞を獲得。
  • 1999年、竹内結子が主演した連続テレビ小説『あすか』で、ヒロインのライバル役を演じる。
  • 2000年、バラエティ番組としては初めて、『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』のレギュラー出演者となった。
  • 2004年11月から12月にNHKで放映されたNHK夜の連続ドラマ『アイ’ム ホーム 遙かなる家路』では主人公の元愛人を演じで「不倫OLの鑑」と絶賛された。その理由は「若過ぎない年齢、細過ぎない肉体、男に甘え過ぎない距離のとり方などが絶妙」とのこと。
  • 趣味は、映画・音楽鑑賞。
  • トーク番組への出演も増えており、主に飲酒時の失態・婚活を話題にすることが多い。

 

スポンサーリンク



佐藤仁美の彼氏は??ムロツヨシ!?

気になる彼氏ですが、現在はいらっしゃらないようです。

熱愛もそんなに報道されていないですが、最近ではムロツヨシさんではないかと噂が流れています。

アクが強い二人ですが、なんだかお似合いな気がしますよね??

 

ムロツヨシプロフィール

ムロツヨシ(本名非公開、1976年1月23日- )は、日本の俳優、コメディアン(喜劇役者)。神奈川県出身。東京理科大学理学部数学科中退。ASH&Dコーポレーション所属。

 

 

 

略歴

4歳のときに両親が離婚、親権は父になったが父はまた別の女性と親密になったため、親戚のもとで育つ。横浜市立六角橋中学校、神奈川県立鶴見高等学校を経て、一浪して東京理科大学に進学。入学後、手塚治虫原作の舞台『陽だまりの樹』の段田安則の芝居を見て感銘を受け、俳優を志す。大学は3週間で中退して俳優養成所に入所。1999年から単独で舞台活動を開始するも下積み時代が続くが、2005年の映画『サマータイムマシン・ブルース』を足掛かりに映画にも出演するようになった。

2008年から、舞台「muro式」を定期的に開催。本舞台では脚本・演出・出演をしている。また、2009年12月から舞台『muro式』の広報活動の一環として、muro式トークライブ「ムロツヨシ、バナシ」を開催している。

2014年、『日経トレンディ』が選ぶ「今年のヒット人」に選ばれる。

2015年11月10日、喉の手術のために入院。11日に手術を受け、12日に退院。

2017年4月25日、Instagramアカウントを開設。

 

スポンサーリンク



気になる結婚は??

「2人は2014年にミュージカル『フル・モンティ』で共演して以来、飲み友達でしたが、最近になって付き合いだしたようです。2人ともお酒が好きで、意気投合したようです。特に佐藤さんの性格がサバサバしているので、周囲にはバレなかったんじゃないですかね」(舞台関係者)

引用:日刊サイゾー

 

舞台関係者でも噂する仲の二入ですが、今の所進展がなくその後の噂もないようです。

今後のこの二人の動向に目が離せないですね!

 

 

 

スポンサーリンク